「ケンタロウ流 スペアリブ」やわらか&ジューシー #男子ごはん

男子ごはん第59回は骨付きを豪快にかぶりつく「スペアリブ」が紹介。先に下茹でしておいた後でオーブンで火を通すことで、間違いなくやわらか&ジューシーな仕上がりに。



付け合せは太一母レシピの「母ちゃんの欲(ポテトサラダ)」。子供の頃から親しんでいたというポテサラが、ワインビネガーの隠し味で進化。太一母レシピだけど、太一くんも食べたことのないポテサラになっていたのであった。

ケンタロウ流スペアリブ&太一母レシピ「母ちゃんの欲」

スペアリブ

材料……4人分

スペアリブ……1kg


にんにく(縦薄切り)……2片分
しょうゆ……大さじ4
マーマレード……大さじ3
こしょう……適宜

赤パプリカ……1個
カブ……3個
ズッキーニ……1本
クリームチーズ……30g
マヨネーズ……大さじ1
サラダ油……大さじ1
オリーブ油、塩、こしょう……各適宜
クレソン……適宜

作りかた

  1. スペアリブは1時間ほど下茹でする。水を拭いて a と合わせ、密閉袋に入れて30分程漬ける。
    (KP:スペアリブは下茹でしておく。こうすることで絶対に柔らかい仕上がりになる)
    (KP:密封袋の空気は、口で吸い出す。真空に近づけて調味料がまんべんなく染み込む)
  2. オーブンは180℃に熱する。
  3. 赤パプリカは大きければ長さを半分に切ってから縦8〜10等分に切る。カブは皮つきのまま6〜8等分に切る。ズッキーニは長さを3等分に切ってから縦4等分に切る。ボウルに野菜を入れてオリーブ油大さじ1、塩2つまみを振って混ぜる。
  4. 天板の網の奥にスペアリブを並べる。1 のつけダレをスペアリブの表面にぬる。手前にはホイルをしいて 3 を並べる。
  5. 水を張った天板に 4 をのせ、180度のオーブンで10分焼いたら 1 のつけダレとサラダ油(適宜)を混ぜ合わせたものスペアリブの表面にぬり、さらに5分焼く。
  6. クリームチーズは電子レンジ等で軽く温め柔らかくしてボウルに入れ、焼いた野菜、マヨネーズ、こしょう少々を加えて和える。味をみながら塩、こしょうでととのえる。
  7. 器にスペアリブと 6 をそれぞれ盛りつけ、スペアリブにはクレソンを添える。

太一母レシピ「母ちゃんの欲(ポテトサラダ)」

材料……4人分

じゃがいも……3個
きゅうり……1/2本
にんじん……4cm
ハム……2枚
りんご……1/4個
ピーマン……1/2個
玉ねぎ……1/4個


マヨネーズ……大さじ3〜4
白ワインビネガー……大さじ1/2
塩、こしょう……各適宜

作りかた

  1. じゃがいもは芽を取り皮をむいて6〜8等分に切る。柔らかく茹でたらいったんザルにあげて茹で汁を切り、再び鍋に戻して弱火にかけて水分を飛ばす。ボウルに移して潰し、冷ます。
  2. きゅうりは薄い輪切りにして塩もみをする。人参は薄くいちょう切りにしてサッと茹でる。ハムは5mm幅に切る。りんごは芯を取り除いて皮つきのまま縦3等分に切り、さらに横2mm厚さに切る。ピーマンは千切りにする。玉ねぎは縦薄切りにして水にさらし、水気をきる。
    (Kuniko's Point:りんごは皮付きのまま入れる。こうすることで彩りがよくなる)
  3. ボウルに1、2、a を加えて和える。
    (Kuniko's Point:ワインビネガーを加える。こうすることで全体があっさり仕上がる

やっぱり肉が好き [ 小林ケンタロウ ]