男子ごはんの本・DVD / Blu-ray・グッズを通販サイトでチェック!

「ケンタロウ流 豆乳ラー油鍋」 冬の新定番にしたいあったか鍋 #男子ごはん

男子ごはん第196回は「ケンタロウ流 豆乳ラー油鍋」が紹介。いよいよ冬が到来。鍋の季節がやってきた。今回は人気の豆乳を使った鍋で、ケンタロウさんらしいレシピが紹介。

まろやかな豆乳の味だけでなく、骨付きのぶつ切り肉を使うことで美味しい鶏のダシが出て、かつラー油でピリッと辛美味い。分離しにくいポイントも紹介された。

付け合せは「ブリの中華風マリネサラダ」。ごく薄切りにしたにんにくが主張し過ぎない程度に仕事をして美味。このマリネサラダは、ブリだけでなくマグロや白身魚、イカなどでも美味しく食べることができるということだ。


ケンタロウ流 豆乳ラー油鍋

豆乳ラー油鍋

材料(2〜3人分)

鶏骨付きぶつ切り肉 …… 800g
厚揚げ …… 1個
ごぼう、長ねぎ …… 各1本
春菊 …… 1束
春雨 …… 40〜50g

にんにく …… 4片
しょうが …… 1片
サラダ油 …… 大さじ1と1/2
水 …… 3カップ(600ml)
豆乳 …… 4〜5カップ(800〜1000ml)
オイスターソース …… 大さじ2
しょうゆ、塩、ラー油 …… 各適宜

〆の麺
中華麺 …… 2玉

KP:豆乳の分量を水より多くすることで、分離しにくくなる。目安としては、水:豆乳=2:3。

作りかた

  1. 厚揚げは縦1cm弱の幅に切る。ごぼうはピーラーでささがきにし、酢水(分量外)に3分さらす。長ねぎは根元を落として5cm長さの斜め切りにする。春菊は根元を切り落として5cm長さに切る。にんにく、しょうがはみじん切りにする。
  2. フライパンを熱してサラダ油をひき、水気を拭いた鶏肉を強火で焼き、全体に焼き目を付けたら土鍋に加える。同じフライパンににんにく、しょうがを加え弱火でしっかりと色づくまで炒めたら土鍋に加える。
    (KP:骨付きの鶏肉を使うことで、良いダシが出る)
    (KP:鶏肉にしっかり焼き目をつけることで、コクのある仕上がりになる)
  3. 土鍋に水、水気を切ったごぼうを加えて強火にかけ、沸いてきたら火を弱めてアクを取りながら20分煮る。
  4. 豆乳を加え、厚揚げ、長ねぎ、オイスターソース、しょうゆ大さじ1弱を加えて10〜20分煮る。
  5. 味をみながら塩、しょうゆでととのえる。春菊、春雨を加えてひと煮する。仕上げにラー油をたっぷりと回しかける(食べられる辛さの範囲で)。
  6. シメに、表示時間通りに茹でた中華麺を土鍋に入れて、一煮立ちさせていただく。

ブリの中華風マリネサラダ

材料(4人分)

ブリ刺身 …… 3人前(約250g)
青ねぎ …… 1/4束〜1/3束
水菜 …… 1/4束
しょうが …… 1片

a {
にんにく …… 1/2片
ごま油 …… 大さじ1と1/2
オイスターソース …… 大さじ1/2
しょうゆ …… 大さじ1/2〜1
}

白いりごま、レモン汁 …… 各適宜

作りかた

  1. にんにくは極縦薄切り にする。ブリは水気を拭く。ボウルに a を混ぜ、ブリを加えて和える。
  2. 青ねぎは根元を切り落として小口切りにする。水菜は5mm〜1cm幅に細かく刻む。しょうがは千切りにする。
  3. 器に 1 を盛って2、白いりごまをちらす。好みでレモン汁をかける。
    (KP:器にブリと薬味を盛ってから、菜箸でブリを少し持ち上げるようにして表面に凹凸を作る。美しい見た目に仕上がる)