男子ごはんの本・DVD / Blu-ray・グッズを通販サイトでチェック!

「あぶたま煮」油揚げと卵で簡単おかず

油揚げに卵を落とし、ダシで煮込んだ簡単だけど美味しい「あぶたま煮」。出来立ての温かい状態でも、冷めても美味しくいただける、ご飯のおかずにもおつまみにもなる一品。

NHK教育テレビ(Eテレ)の番組「きょうの料理」で放送していたのを見て試してみた。ばぁばこと鈴木登紀子さんが作る「あぶたま煮」は、甘味をみりんで取るあっさりした味付けが特徴。

もう少し濃い口の、割り下に近い味付けにして、煮る時間を短めに卵を半熟状態に仕上げても、トロリとした卵黄の濃厚な味わいを楽しめて美味しい。


ばぁばの あぶたま煮 レシピ・作り方


あぶたま煮

材料……2〜3人分

油揚げ……3枚(いなり寿司に使える、袋状に開くもの)
卵……6個
小松菜……適量
溶きがらし……適宜

a [煮汁] {
だし …… 3カップ(600ml)
みりん …… 大さじ5
うす口しょうゆ …… 大さじ2と1/2
塩 …… 少々
}

作りかた

  1. 油揚げをまな板の上に縦に置き、手前から向こう側へ菜箸を転がす。こうすることで油揚げが袋状に開きやすくなる。ザルの上に油揚げを乗せて、熱湯を注ぎかけて油抜きをする。
  2. 1 の油揚げを半分に切り、口を開く。卵を別の容器に割り入れ、油揚げの中に静かに流しこむ。ヒダを寄せて爪楊枝で止め巾着状にする。残り5個も同様にしてきんちゃくを作る。
  3. 底の広い鍋にだしを煮立て、みりんとしょうゆ、塩少々を加えて2を並べ入れる。弱めの中火にし、落し蓋をして7〜8分煮る。
  4. 別の鍋に湯を煮立て、塩少々を加えて小松菜をサッと茹でる。冷水に取り、水気を絞って3〜4cm長さに切る。
  5. 油揚げのようじを外して縦半分に切り、器に盛る。4 の小松菜を 3 の煮汁にサッと浸して添える。煮汁を適量かけ、好みで溶きがらしを添える。