男子ごはんの本・DVD / Blu-ray・グッズを通販サイトでチェック!

心平流「夏野菜を使った本格シーフードカレー」 #男子ごはん

男子ごはん第421回は「夏野菜を使った本格シーフードカレー」 が紹介。

男子ごはんでは多数紹介されているカレーであるが、今回心平ちゃんが紹介したのはエビでダシをとったスープが決め手のシーフードカレーであった。

番組内でも語られていたが、シーフードカレーはどことなく夏の雰囲気がある。ケンタロウさんの時にもシーフードカレーが紹介されたことがあるが、その時も季節は夏であった。



今回のカレーは、具材をルウとは別に火を通すのがコツ。こうすることで、火が入りすぎて固くなってしまうのを防ぐということだ。付け合せの「グレープフルーツとズッキーニのサラダ」はさっぱりとして口直しにピッタリ。

心平流!夏野菜を使った本格シーフードカレー

シーフードカレー

材料(4人分)

有頭エビ …… 8尾
アサリ(砂抜き済) …… 250g
イカ …… 1~2杯(300g)
赤パプリカ …… 1/2個
ナス …… 1本
ズッキーニ …… 1/2本 
カレールウ …… 4片
にんにく …… 2片
ローリエ …… 1枚 
カレー粉 …… 小さじ1
ウスターソース …… 大さじ1/2

(a) {
水 …… 5カップ(1000ml)
白ワイン …… 大さじ2
}

(b) {
バター …… 10g
薄力粉 …… 大さじ1
}

オリーブ油 …… 大さじ5
塩 …… 適量
温かいごはん …… 4人分

作りかた

  1. エビは頭を取って殻をむいて背開きにして背ワタを取り除く(頭と殻はこの後で使うので残しておく)。
    イカは胴に指を入れて内臓をはずして引き抜き、胴と足に分ける。胴は1cm幅に切る。足は食べやすく切り分け、足の先は切り落とす。エビ、イカそれぞれ塩(各適量)で下味を付ける。
  2. 赤パプリカは横半分に切ってから縦1cm幅に切る。ズッキーニは5mm厚さの半月切りにする。ナスはヘタを取り、5mm厚さの半月切りにする。にんにくは潰す。
  3. フライパンを熱してオリーブ油(大さじ2)を引き、にんにくを炒める。香りが出てきたらエビの殻をいれて強火でザッと炒め、油が回ったらアサリを加えて炒める。(a)、ローリエを加えて蓋をする。沸いてきたら火を弱めて、エビの頭を潰しながら10分煮る。
  4. (b)のバターを溶かしてよく混ぜ合わせておく。
  5. 3 のスープををザルで漉す。アサリの実を取り出し、にんにくと共に鍋に戻す。エビの殻とアサリの殻を押さえて絞り、スープをとる。スープも鍋に戻す。
  6. 5 を火にかけフツフツしてきたらカレールウ、カレー粉、ウスターソースを加えて溶き混ぜる。とろみ付けに 4 を加えてひと煮し、とろみがついたら、塩(小さじ1/3)を加えて混ぜる。味をみて足りなければ塩で調える。
  7. 別のフライパンを熱してオリーブ油(大さじ1.5)を引きナスを入れて強火で炒める。油が回ったらオリーブ油(大さじ1/2)を足しズッキーニ、赤パプリカの順に加えて塩(小さじ1/4)を振って炒める。ナスが少ししんなりしたら取り出す。
  8. フライパンにオリーブ油(大さじ1/2)を足し、イカを強火で炒める。色が変わったら取り出す。同様にエビもフライパンにオリーブ油(大さじ1/2)を足し、強火で炒める。エビは途中蓋をして、色が変わったら取り出す。
  9. 器にごはんを盛って 7 の野菜、8 の魚介をのせ、 6 のカレールウをかける。

グレープフルーツとズッキーニのサラダ

材料(2人分)

グレープフルーツ …… 1個
ズッキーニ …… 1/2本

(a)  
白ワインビネガー …… 大さじ1/2  
オリーブ油 …… 大さじ1/2  
塩 …… 1つまみ

パルミジャーノ・レジャーノ …… 適量

作り方

  1. グレープフルーツは皮を剥いて薄皮に沿って包丁を入れて実を取り出し、2~3等分に切る。ズッキーニは薄い輪切りにする。
  2. ボウルに(a)を混ぜ、1 、おろしたパルミジャーノ・レジャーノを加えて和える。器に盛ってすりおろしたパルミジャーノ・レジャーノをかける。

ナレーションは今週もテレビ東京の小島秀公アナウンサー。服部伴蔵門さんはどうされてしまったんだろうか。重たい病気でないといいのだが。