「魯肉飯(ルーローハン)」五香粉が香る、台湾屋台料理の代表格

親日国であることや、観光・スイートなどが注目され、海外旅行人気もましている台湾。中華圏なので辛い料理が多いのではと思いきや、島国ならではの独自の食文化が育まれているのであった。優しい味の中にも芯があるというか、香り豊かな料理が多い印象だ。飲茶の文化に合う味で進化したのかな。


さて、魯肉飯(ルーローハン)をつくろう。五香粉(ウーシャンフェン)が決め手の豚そぼろ。煮豚を崩したような甘口のそぼろの味付けが、日本人の好みにもよく合う台湾の代表的な屋台料理。八角、五香粉の香り=台湾料理のイメージになっている人も多いのでは。自分もその一人だけど。

一度にまとめて作っておくと、晩御飯を作る時間が無い時など、とっさの時に便利なご飯のおとも。煮る前に脂を落としても、煮込んでいくとまた豚の脂がかなり出てくるので、アクと一緒にすくうか、一旦冷まして脂を凝固させてから取り除いておくと、クドくならなくていい。

魯肉飯 レシピ・作り方

材料・・・作りやすい分量

豚バラ肉(ブロック)・・・・500g
干ししいたけ(あれば)・・・3枚

にんにく・・・1かけ
しょうが・・・1かけ
干しエビ・・・大さじ1

サラダ油・・・大さじ2

紹興酒(無ければ料理酒で)・・・1カップ
水・・・5カップ

干ししいたけの戻し汁・・・1/2カップ
しょうゆ・・・大さじ4
砂糖・・・大さじ2
オイスターソース・・・大さじ1
五香粉・・・小さじ1

温かいご飯・・・適量

作り方

  1. 豚肉は余分な脂を落とし、2〜3cm程度のさいの目切りにする。干ししいたけは水で戻し、できれば豚肉と大きさを揃えたさいの目切りにする。にんにく、しょうがはみじん切りに。
  2. 鍋に油とにんにく、しょうが、干しエビを入れて火にかける。香りが立ってきたら豚肉を加えて炒める。肉の色が変わってきたら、水と酒、干ししいたけを入れて煮立たせ、アクをとる。
  3. ある程度アクをすくい終わったら残りの調味料を加える。弱火にしてじっくり煮こむ(1時間〜)。水分が減ってきて、肉がホロホロになるくらいまで煮えたらそぼろの完成。
  4. 器にご飯を盛り、お好みの量のそぼろをかけていただく。

お好みで、ゆでたまごを一緒に煮ても、味が染みて美味しい。自分の場合は半熟卵が好きなので、煮汁を少しジップロックなどに取り分け、そこにゆで卵を入れて味を染み込ませる。こうすることで味が入りつつ半熟のまま食べることができる。