男子ごはんの本・DVD / Blu-ray・グッズを通販サイトでチェック!

「冬の和定食 2017(ピリ辛ぶり大根、れんこんの津軽揚げ風、豆苗としいたけのスープ)」 #男子ごはん

今週の男子ごはんは旬の食材を使った「冬の和定食 2017」が紹介。ピリ辛の「ぶり大根」をメインおかずに、「れんこんの津軽揚げ風」と「豆苗としいたけのスープ」という3品。

普通のぶり大根は、個人的になかなかご飯のおかずにはしにくい印象であるが、心平ちゃんが今回提案したピリ辛味ならご飯が進みそう。

「津軽揚げ」というのは、青森県の特産品であるリンゴを贅沢に使った秘伝のタレに、美味しく揚げた鶏ごぼうを絡めた料理であるようだ。青森県の寅次郎商店が発祥の料理で、津軽揚げのタレも販売されている。

寅次郎商店の公式ホームページはこちら

心平ちゃんは今回、このタレを使わずに作るレシピを紹介。でも普段あまり使わないリンゴ酢が必要である。

豆苗のスープは、鶏がらスープとごま油を使う若干中華風の味付け。しいたけの出汁が出たスープと、豆苗のシャキシャキとした触感が美味しい。



旬の食材をたっぷり使った、冬のあったか和定食 2017

ピリ辛ブリ大根

材料(2人分)

ブリ …… 4切れ
大根 …… 1/2本(約550g)
塩 …… 1つまみ
梅干し …… 2個
春菊 …… 適量

(a)
おろししょうが …… 大1片分
みそ …… 大さじ3
みりん、砂糖 …… 各大さじ2
しょうゆ …… 大さじ1
豆板醤 …… 大さじ1/2
コチュジャン …… 小さじ1

(b)
水 …… 2カップ(400ml)
酒 …… 1/2カップ(100ml)

「ピリ辛ぶり大根」の作り方

  1. 大根は3cm厚さに切り、少し厚めに皮をむいたら、両面に十字の切り込みを入れる。太い部分は半分に切る。ブリは水気を拭く。
  2. 鍋に大根、かぶるくらいの水、塩を入れて強火にかける。沸いてきたら火を弱めて20分くらい下茹でする。竹串ですっと通ったら取り出す。
  3. (a) をよく混ぜる。
  4. 別の鍋に (b)、潰した梅干しを入れて火にかける。沸いてきたらブリを加えて弱めの中火で煮る。表面が白っぽくなってきたら取り出す。
  5. 4 に (a)、大根を加えて落し蓋をして5分煮る。さらにブリを加えて10分煮る。蓋を取って好みの濃さになるまで煮詰める。
  6. 器に美しく盛り付け、春菊を添える。

れんこんの津軽揚げ風

材料(2人分)

れんこん …… 1節(約120g)

a) [タレ]
しょうゆ …… 1/4カップ(50ml)
みりん …… 大さじ2
砂糖 …… 大さじ1と1/2
りんご酢、白すりごま …… 各大さじ1
はちみつ …… 小さじ1

天ぷら粉、水 …… 各大さじ3
揚げ油 …… 適量

「れんこんの津軽揚げ風」の作り方

  1. 小鍋に (a) を入れて弱めの中火でとろみがつくまで煮詰める。
  2. れんこんは皮をむいて5㎜厚さの半月切りにして水にさらす。キッチンペーパーで水気を拭きとる。
  3. 天ぷら粉と水を混ぜる。
  4. 揚げ油を中温に熱し、2 に 3 の衣をつけながら入れて中火で揚げる。衣がカリッとして少し色づいてきたら取り出す。
  5. 1 に 4 を加えてからめる。

豆苗としいたけのスープ

材料(2人分)

豆苗 …… 1パック
しいたけ …… 2~3個
長ねぎ …… 10cm
しょうが(みじん切り) …… 1片

a)
水 …… 3カップ(600ml)
鶏がらスープの素(顆粒) …… 大さじ1/2
酒 …… 大さじ1

ごま油 …… 大さじ1
薄口しょうゆ …… 小さじ1
塩 …… 小さじ1/2

「豆苗としいたけのスープ」の作りかた

  1. 豆苗は根元を落とし、長さ半分に切る。しいたけは軸を落として縦薄切りにする。長ねぎはみじん切りにする。
  2. (a) を混ぜておく。
  3. 鍋を熱してごま油を引き、しょうが、長ねぎを中火で炒める。しんなりしたらしいたけ、豆苗を加えて炒める。豆苗に油が回ったら、(a) を加える。沸いてきたら薄口しょうゆ、塩で調味する。