男子ごはんの本・DVD / Blu-ray・グッズを通販サイトでチェック!

「春の和定食2017:アサリの炊き込みごはん、真アジのねぎ味噌詰め&ニラとたまごのお吸い物」 #男子ごはん

今週の男子ごはんは「春の和定食」が紹介。季節ごとに恒例の定食シリーズだが、2017年春の和定食は「真アジのねぎ味噌詰め」をメインおかずに「アサリの炊き込みご飯」と「ニラとたまごのお吸い物」という春食材をたっぷりと使った和定食メニューが心平ちゃんから紹介された。



「アサリの炊き込みごはん」はアサリを殻ごと入れて炊き、番組ではそのまま茶碗によそっていたが、気になるなら炊きあがった後に殻を取り除き身と分けてもいい。小口切りにした万能ねぎをちらしても。

「真アジのねぎ味噌詰め」は外側に塗ると焦げてしまいがちな味噌ダレをお腹に詰めて焼いた一品。番組では味噌ダレを詰めてすぐに焼いていったが、しばらく時間を置くことで、より身の方に味が染み込むかもしれない。

「ニラとたまごのお吸い物」は春野菜としてのニラの香りを楽しめる汁物。一年中あるので春野菜であることを意識することは少ないが、春に採れるニラは柔らかい中に甘みや香りが強く、熱を通すことで風味をより強く感じられる。

春の和定食 2017

アサリの炊き込みごはん

材料(2~4人分)
アサリ(砂抜き済) …… 350g
ごぼう …… 8cm(40g)
にんじん …… 3cm(30g)
米 …… 2合
かつおだし …… 適量
かいわれ大根(根元を切る) …… 適量

a {
 酒、みりん、しょうゆ …… 各大さじ1
 塩 …… 小さじ1/2
}

「アサリの炊き込みごはん」の作り方

  1. 米は洗ってザルにあげて水気をきる。
  2. ごぼうはささがきにして、水に10~15分さらしてアクをとり、ザルにあげて水気をきる。にんじんもささがきにする。アサリは海水程度の濃さの塩水に浸して砂抜きし(1時間〜1晩)、さらに塩抜きした後で、殻をこすり合わせながらよく洗って水気をきる。
  3. a の調味料と出し汁を合わせて350mlに軽量する。
  4. 炊飯器に米、にんじん、ごぼう、3 を入れてザッと混ぜてから、アサリを加え、時間通り普通に炊く。
  5. 茶碗に盛り、かいわれをのせる。

真アジのねぎ味噌詰め

材料(2人分)

真アジ …… 2尾
塩 …… 小さじ2/3
ししとう、新しょうが(甘酢漬け) …… 各適量

【ねぎ味噌だれ】
長ねぎ(みじん切り) …… 10cm(60g)
にんにく(みじん切り) …… 1/2片
味噌 …… 大さじ1と1/2
みりん、酒 …… 各大さじ1
しょうゆ …… 大さじ1/2

「真アジのねぎ味噌詰め」の作り方

  1. アジはぜいごを取り除いて、腹からあご下まで切り込みを入れて内臓を取り出し、流水で洗って水気をふく。両面に数カ所切り込みを入れ、塩を振って15分おき、出てきた水分を拭きとる。ししとうは数カ所穴を開けておく。
  2. 【ねぎ味噌だれを作る】長ねぎ、にんにくはみじん切りにしてボウルに入れ、その他の材料を加えて混ぜる。
  3. アジのお腹に 2 のねぎ味噌だれを詰める。
  4. 魚焼きグリルを温め、アジを入れて中火で3分焼く。その後、ししとうを入れてさらに4分焼く。
  5. 器に盛り、新生姜の甘酢漬けを添える。

ニラと玉子のお吸い物

材料(2人分)

ニラ …… 1/2束
卵 …… 1個
かつおだし …… 2と1/2カップ(500ml)

a {
 薄口しょうゆ …… 大さじ1と1/2
 酒 …… 大さじ1
 みりん …… 大さじ1/2
 塩 …… 小さじ1/3
}

「ニラと玉子のお吸い物」の作り方

  1. ニラは5mm幅に刻む。卵は溶く。
  2. 鍋にかつおだしを入れ沸いてきたら a を加える。フツフツしてきたらニラを加えてひと煮する。菜箸に伝わらせながら卵を流し入れる。
  3. 火を止めて卵が好みの固さになったら出来上がり。