男子ごはんの本・DVD / Blu-ray・グッズを通販サイトでチェック!

ふっくら絶品な「煮牡蠣」

完成まで多少時間はかかるけれど、作り方は難しくない「煮牡蠣」。
ゆで汁を冷ましながら味を含ませることで牡蠣の身はふっくらと仕上がり、旨味が凝縮される。

ある程度冷ました段階ですぐに食べても美味しいけれど、時間をかけてしっかり味を含ませることで、待つだけの甲斐がある味に。牡蠣料理の新定番になった。

煮牡蠣

材料・・・作りやすい分量

  • 牡蠣・・・12個
  • 醤油・・・大さじ3
  • 酒・・・大さじ3
  • 砂糖・・・大さじ1と2/3
  • 柚子・・・適量
  • 水・・・1と1/2カップ

作り方

  1. 牡蠣を洗う。牡蠣は海水程度の濃さの塩水で洗うか、片栗粉をまぶして洗い流して汚れを落とす
  2. 牡蠣をゆがく。水1.5カップを鍋に入れて沸かして中火で牡蠣をさっとゆがき、水気を切る。ゆで汁はまだ使うので漉しておく。
  3. 煮ていく。鍋に漉したゆで汁と醤油、日本酒、砂糖を入れて中火にかける。沸いてきたら弱火にして、牡蠣を加えて5分ほど煮、火から下ろす。
  4. 味を含ませる。あら熱が取れたら、汁ごと別の容器に移し、2時間ほどおいておく。冷ましながら味を含ませ、ふっくらと仕上がる。
  5. 食べる直前に軽く温め、好みでゆずの皮をすりおろして振る。