男子ごはんの本・DVD / Blu-ray・グッズを通販サイトでチェック!

ここからいろいろ応用可能な、基本の塩豚

簡単に作ることができ、様々な料理に応用がきく「塩豚」。
基本的には肉1kgに対して塩を大さじ1程度揉み込むのがちょうどいい。一晩置いたくらいから使うことができ、長く熟成させた場合は塩抜きをしてから使う。薄く切って炒め物や鍋用の肉に、あるいは茹でて食べるなどなど。

塩豚

材料・・・作りやすい分量

  • 豚肉ブロック(肩ロースやバラ肉)・・・1kg
  • 粗塩・・・大さじ1

作り方

  1. 水気を取る。豚肉はペーパータオルなどで余計な水気を取り除く。
  2. 塩を振る。肉の表面にまんべんなく塩をまぶし、揉むようにしてすり込ませる。
  3. 包む。ラップやジップロックで、空気が入らないようぴっちり密封する。肉から水分が出るので、ラップの場合はさらにその上から袋などをかぶせて閉じる。
  4. 熟成期間。1日1回程度様子を見て、ドリップが出ていたらペーパーで優しく拭いて新しく包む。
  5. 3日目くらいからが食べ頃。茹でてよし焼いてよし。