男子ごはんの本・DVD / Blu-ray・グッズを通販サイトでチェック!

「昭和の洋食屋さんメニュー:ミックスフライ定食(コロッケ、エビフライ、ホタテフライ)」 #男子ごはん

今週の男子ごはんでは、新シリーズ「昭和の洋食屋さんメニュー」がスタート。番組放送開始から10年目に入り、定番を大事にしていこうという考えと、もう一度基本に立ち返って、基本を丁寧に作っていこうとの考えのもと、太一君が企画を提案したのだそうだ。出来上がった料理を食べて美味しい美味しいと言っているだけの人ではないことを見せたのであった。



さて、その「昭和の洋食屋さんメニュー」であるけれど、初回は「ミックスフライ定食」が紹介。今回の揚げ物は、コロッケ、エビフライ、ホタテフライの3品。エビをなるべく曲げずに揚げるコツなども紹介された。付け合せは洋食屋さんの定番スープ「コンソメスープ」。顆粒だしを使うので基本的に失敗はないけれど、野菜とハムの旨味が足されて美味しさアップ。ハムでなくベーコンを使っても良い。

昭和の洋食屋さんメニュー:ミックスフライ定食

ミックスフライ定食

材料(2~3人分)

【コロッケ】
じゃがいも …… 大3個(約800g)
玉ねぎ …… 1/2個
合いびき肉 …… 100g
サラダ油 …… 大さじ1/2
バター …… 10g
塩、黒こしょう …… 各適量

【エビ、ホタテ】
エビ …… 大4尾
ホタテ(貝柱) …… 4個
塩、黒こしょう …… 各適量

薄力粉、生パン粉、揚げ油 …… 各適量
溶き卵 …… 2個

【付合せ】
キャベツの千切り、トマト(くし形に切る)、レモン(くし形に切る)、パセリ、中濃ソース …… 各適量

【タルタルソースの材料】
ゆで卵 …… 2個
ピクルス …… 小1本(約30g)
玉ねぎ …… 小1/4個(約50g)
マヨネーズ …… 大さじ4
塩 …… 小さじ1/3
黒こしょう …… 適量

作り方

  1. 【コロッケを作る】じゃがいもは皮をむいて4等分に切って鍋に入れ、かぶるくらいの水に入れて20分くらい強めの中火で茹でる。竹串がスーッと通るようになったら茹で汁を捨て、再び強火にかけて水分を飛ばし、粉ふきいも状態にする。火を止めてマッシャー等で潰す。
  2. 玉ねぎはみじん切りにする。フライパンを熱してサラダ油をひき、玉ねぎを入れて強めの中火で炒める。少し色づいてしんなりしたら、ひき肉を加えてほぐしながら炒める。肉の色が変わったら塩(小さじ1/3)、黒こしょうを振って炒め合わせる。
  3. 1 のイモに 2 の玉ねぎとひき肉 、バター、塩(小さじ1/3)、黒こしょうを加えてよく混ぜる。バットに等に移してしっかり冷ます。
  4. 3 を12等分に分けて小判型にまとめる。薄力粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をフワッとおさえながらまぶす。
  5. 【エビフライ、ホタテフライを作る】エビは尾を残して殻をむき、背ワタを取り除く。腹と背に数か所切り込みを入れる。ホタテと共に塩、黒こしょうを振る。
  6. 5 に薄力粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をフワッとおさえながらまぶす。
  7. 【揚げる】揚げ油を中温に熱し、4、6 を中火で揚げる。あまりいじらず揚げ、衣がサクッときつね色になったら油をきって取り出す。
  8. 【タルタルソースを作る】ピクルスはみじん切りにする。玉ねぎはみじん切りにして水に3分さらし、水気をしっかり絞る。
  9. ボウルにゆで卵を入れてフォークで刻み、8、マヨネーズ、塩、黒こしょうを加えて和える。
  10. コロッケ、エビ&ホタテフライを器に盛りつけ、キャベツ、トマト、レモン、パセリを添える。タルタルソースや中濃ソースをかけて食べる。

コンソメスープ

材料(2人分)

ハム …… 40g
セロリ …… 50g
にんじん …… 3cm(約30g)
玉ねぎ …… 30g
オリーブ油 …… 大さじ1
ローリエ …… 1枚
塩 …… 小さじ1/2
黒こしょう …… 適量
パセリ(みじん切り) …… 適量

a {
水 …… 2カップ(400ml)
コンソメ(顆粒) …… 1袋(5g)
}

作り方

  1. ハムは5mm角に刻み、セロリ、玉ねぎはみじん切りにする。にんじんは細かいみじん切りにする。
  2. 小鍋を熱してオリーブ油をひき、1 を入れて強めの中火で炒める。少ししんなりしたらローリエを加えてザッと炒め、よく混ぜたaを加えて弱めの中火で10分煮る。途中アクを取る。塩、黒こしょうを加えて味をととのえる。
  3. 器に盛り、パセリを振る。