男子ごはんの本・DVD / Blu-ray・グッズを通販サイトでチェック!

「トムヤムクン&パッタイ」暑い夏に食べたい定番タイ料理 #男子ごはん

男子ごはん第374回は暑い夏に食べたいタイ料理の「トムヤムクン&パッタイ」が紹介。辛味や酸味、ハーブの香りが特長的なタイ料理の定番スープの「トムヤムクン」と、タイ風焼きそばの「パッタイ」。焼きそば定食的な組み合わせだ。


本来であればチリインオイルなどタイの調味料がもっと必要なのだが、心平流のアレンジで、無くても本格的な味に仕上がっている。それぞれ欠かせない食材や調味料はあるが。

パッタイに使う米麺は、通常ならセンレック(2〜3mm)のものを使う。心平ちゃんは今回きしめんのような平麺のセンヤイを使っていた。好みで選ぶといいと思う。

パッタイもトムヤムクンもキットを買って作ることが多いものの、こうしたアレンジもいいかもしれない。

トムヤムクン&パッタイ レシピ・作りかた

トムヤムクン

材料(2人分)

エビ …… 8尾
たけのこ(水煮) …… 60g
ふくろたけ(水煮) …… 6個
こぶみかんの葉(ライムリーフ) …… 6枚
レモングラス …… 2つまみ
にんにく(みじん切り) …… 1片分
いんげん …… 6本
トマト …… 1個
青唐辛子 …… 4本

(a) {
ココナッツミルク …… 1/2カップ(100ml)
ナンプラー …… 大さじ2
オイスターソース …… 大さじ1/2
}
水 …… 4カップ(800ml)
鶏がらスープの素(顆粒) …… 大さじ1/2
サラダ油 …… 小さじ1

香菜(刻む)、ライム(くし形切り) …… 各適宜

作りかた

  1. エビは竹串で背ワタを取り除き、尾を残して殻をむく。尾の先の汚れを包丁で取る。トマトはヘタを取って湯むきをして1cm角に切る。いんげんは3等分に切って塩茹でをする。たけのこは縦3mm厚さに切る。ふくろたけは半分に切る。青唐辛子はヘタを取って小口切りにする。
  2. 水と鶏がらスープを合わせる。
  3. 鍋を熱してサラダ油を引き、にんにくと青唐辛子を入れて中火で炒める。香りが出てきたら 2 のスープを入れて強火にかける。ふつふつしてきたら、こぶみかんの葉、レモングラスを加える。香りが出てきたら、いんげん、たけのこ、エビ、ふくろたけを加えて煮る。
  4. エビの色が変わったら(a)、トマトを加えてひと煮する。
  5. 器に盛って刻んだ香菜をちらし、ライムを添える。

パッタイ(タイ風焼きそば)

材料(2人分)

米麺 …… 200g
エビ …… 8尾
バターピーナッツ …… 20g
干しエビ …… 12g
もやし …… 1袋
青唐辛子 …… 2本
にんにく(みじん切り) …… 1片分

(a) {
ナンプラー …… 大さじ1と1/2
オイスターソース …… 大さじ1
砂糖 …… 小さじ1
塩 …… 小さじ1/3
}

サラダ油 …… 大さじ1と1/2
香菜(刻む)、ライム(くし形切り) …… 各適宜


作り方

  1. 米麺は熱湯に30分くらいひたして戻す。エビは尾を残して殻をむき、尾の先端を切り、背開きにする。青唐辛子はヘタを切って小口切りにする。干しエビは刻む。

    Shimpei's Point:
    ・干しエビを使うことで、旨味と食感がアップする。
  2. フライパンを熱してサラダ油を引き、にんにく、青唐辛子、干しエビを加えて中火で炒める。香りが出てきたらエビ、もやしを加えて強火で炒める。
  3. もやしに半分くらい火が入ったら、水気を切った麺を加えて炒め、油が回ったら (a) を加えて炒める。
  4. 器に盛ってざく切りにした香菜をのせ、砕いたバターピーナッツを散らす。ライムを添える。